• おうちでカクテル作ってみませんか…宅飲みが外飲みばりに充実するカクテルレシピの紹介とカクテルの基礎知識
    Harvey Wallbanger
    ハーベイ・ウォールバンガー
    材料

    ウォッカ 45ml
    ガリアーノ 1~2tsp
    ・オレンジジュース 適量
    グラス タンブラー

    アルコール度 7度

    作り方
    ・氷を入れたグラスにウォッカとオレンジジュース注ぎ、軽くステアする。
    ・ガリアーノをフロートし、マドラーを添える。
    コメント
    スクリュードライバーにガリアーノの甘い濃厚な風味が加わった。
    ベースをテキーラに替えると、「カクタス・バンガー」になる。
    カクタスとは、サボテンのこと。テキーラ=メキシコ=サボテンのイメージか。ハーベイ・ウォールバンガーの名前の由来は、
    (1)カリフォルニアのサーファー、ハーベイが大会で負け、 このカクテルを自棄(やけ)飲みして壁を叩きながら帰るのを見た人が、”壁叩きのハーベイ”(=ハーベイ・ウォールバンガー)と呼んだ。とか、
    (2)ハーベイは負けたのではなく、大会で勝って、祝杯として浴びるほど飲んで壁を叩き・・以下略。のほか、
    (3)ハーベイはガリアーノのセールスマンで、バーでこのカクテルを作り、バーテンに飲ませたり自分でも飲んで、壁に頭をガンガン叩きながらセールスをしたとか・・・
    諸説あるが、いずれにしても「ハーベイ」は人物名である。

    アルコール度数について