ホームカクテルの作り方カクテルの副材料>カクテルのスタイル





(3)カクテルのスタイル


ロングドリンクのスタイルについて

●カクテルのスタイル
カクテルは、ショート・ドリンクとロング・ドリンクに分けられる。
ショート・ドリンクは、短時間で飲むカクテルで一般的には10~20分で飲むのがよいとされている。それは、グラスに氷が入っていないので、時間が経つとぬるくなってしまい、風味も損なわれるため。アルコール度数は30度前後のものが多い。

ロング・ドリンクは、時間をかけて飲むように作られている。
ソーダ,ジュース等で割り、タンブラーやゴブレットなど、容量の大きいグラスに氷を入れて出されるコールド・ドリンクがほとんどだが、 熱湯やホットミルクを加えたホット・ドリンクもある。時間をかけてといっても一般に30分くらいで飲むのがよい。

ロング・ドリンクは、ショート・ドリンクに比べアルコール度数は低いものが多い。また、ロング・ドリンクには様々なスタイルがある。

ロング・ドリンクのスタイル

バック
Buck
コリンズ
Collins
クーラー
Cooler
スピリッツにレモンジュースとジンジャーエールを加えたもの。
「バック」とは雄鹿のことで、雄鹿のようにキックのある(口当たりが良い割にアルコール分の強い)カクテルという意味。
スピリッツにレモンジュースと砂糖もしくはシュガーシロップを加え、ソーダを満たしたもの。
ジョン・コリンズ、トム・コリンズ等が有名。
スピリッツにレモンやライム等のジュースと甘みを加え、ソーダやジンジャーエールを満たしたもの。
「クーラー」とは、冷たく爽やかな飲み物の意味で、細かいレシピにこだわらなくてもよい。
エッグ・ノッグ
Egg Nogg
フィズ
Fizz
フリップ
Flip
卵、牛乳、砂糖、酒類をつかうもの。
ホットとコールドスタイルがある。
アメリカ南部生まれのクリスマス・ドリンクだが、現在では四季を通じて世界中で飲まれている。
スピリッツにレモンジュース、砂糖、ソーダを加えたもの。
日本ではリキュールをベースにしたフィズに人気がある。「フィズ」は、ソーダが注がれたときに発する、シュッという擬音語。
ワインやスピリッツに、卵と砂糖を加えたもの。好みで最後にナツメグを振りかける。
ホットとコールドがある。
フロート
Float
フラッペ
Frappe’
フローズン・スタイル
Frozen Style
「フロート」は浮かべるという意味。
比重の違いを利用して、酒の上に別の酒や生クリームを混ざらないように浮かべること。何種類もの酒をフロートすると「プース・カフェ」になるが、普通は2種類、または仕上げにカクテルの上に浮かせる。
材料とクラッシュド・アイスをシェイクし、一緒にグラスに注ぐスタイルと、クラッシュド・アイスを盛ったグラスにリキュール等を注ぐスタイルがある。
「フラッペ」とはフランス語で、「氷で冷やされた」という意味。
材料をクラッシュド・アイスと一緒にバー・ブレンダー(ミキサー)でシャーベット状にしたもの。
ハーフ・アンド・ハーフ
Half and Half
ハイボール
Highball
ジュレップ
Julep
2種類の材料を半分ずつ混ぜたもの。
濃色ビールと淡色ビールのミックス、ドライ・ベルモットとスイート・ベルモットのミックスが一般的。
酒を炭酸飲料で割ってつくる、もっともポピュラーなスタイル。ベースの酒には様々な酒が使われる。 スピリッツにミントの葉を混ぜいれたもの。
グラスにはクラッシュド・アイスを入れておく。アメリカ南部に古くからあるスタイルで、昔はワインベースが主だったが、現在ではバーボンベースが主流。
オン・ザ・ロックス
On the Rocks
プース・カフェ
Pousse-Cafe
パンチ
Punch
大きめの氷を入れたロックグラスに材料を注ぐスタイル。「岩の上に」という意味で、大きな氷を岩に見立てた名前である。
ウイスキーで作ることが多いが、最近ではマティーニ、マンハッタンといったショートドリンクをこのスタイルでつくるのも人気である。
何種類かの酒をアルコール分、エキス分による比重の大きいものから、混ざらないように順に積み重ねていくスタイル。酒の比重は同じ酒でもメーカーによって微妙に違う。
一般に、アルコール度数が高いほど比重は軽い。
ワイン、スピリッツ等をベースにして、各種リキュール、ジュース、果物等を加えて作るスタイル。パーティー・ドリンクとして、パンチ・ボウルに数人分まとめて作ることが多い。
コールドがほとんどだが、ホットもある。「パンチ」は「5つ」という意味のサンスクリット語、Pancha(パンチァ)や、ヒンズー語のPunch(ポンシェ)に由来すると言われている。
リッキー
Rickey
スリング
Sling
サワー
Sour
スピリッツにライムまたはレモンを絞り、ソーダを満たすのが基本のスタイル。絞った実はグラスに入れ、マドラーでつぶしながら自分で酸味を調整して飲む。 スピリッツに甘味を加え、水、ソーダ、ジンジャーエール等で満たすスタイル。ホットもある。
「スリング」はドイツ語のSchlingen(飲み込む)が変化した言葉といわれている。
スピリッツに酸味と甘味を加えるスタイル。アメリカではソーダを使わないのが原則だが、他の国ではソーダやシャンパンを使うこともある。
「サワー」は酸っぱいという意味。