ホーム>カクテルの作り方(テクニック-シェイク)





(1)テクニック


基本のテクニックは、「シェイク」「ステア」「ビルド」「ブレンド」の4つ。

1)シェイク
シェイクとは、シェイカーに氷と材料を入れて振ること。
混ざりにくい材料を急速に混ぜ合わせる、冷やすほか、アルコールの強い酒のカドをとり、まろやかな口当たりにする効果がある。

シェイクのやり方

1.ボディ(シェーカー下部)に8分目くらいまで氷を入れる。
  そこに水を入れて氷を洗ってから水を切り、分量の多い順に材料を入れる。
2.ストレーナー(シェーカー上部)をかぶせ、トップ(キャップ部)をかぶせる。
  (※この順にやらないと、空気圧の関係でうまくフタができない。)
3.左手を胸の前に構える。
  トップを手前に向け、左手中指と薬指でボディの底のくぼみを押さえる。
  左手の平は丸みをつけ、ボディにべったり触らないように。
4.右手親指でトップを押さえ、右手人差し指をストレーナーの出っ張りの
  上に乗せる。右手中指でボディを押さえ、残りの指はボディに添える。
5.シェイクする。材料に空気を溶け込ませるように振る。
シェーカーを持ち、左胸の前から向こうに向かって真っ直ぐ、
  同じ高さに振り出し、元の位置に戻す。この動作でひとふり。
  振る回数は、普通15~16回。クリームや卵等の混ざりにくい材料の
  場合は、20~25回が目安。
6.シェイクが出来たら、トップを外してストレーナーを右手の人差し指と
  親指で押さえ、左手でグラスの底を押さえながら静かに注ぐ。