ホームリキュールについて>ナッツ・種子・核系リキュール








リキュールの通販 【酒専門店ミツイ】徳島の地酒を始め、各国のワイン、リキュール・スピリッツ 類にも力を注いでいる専門店です。

●ナッツ・種子・核系リキュール●

果実の種子、核、ナッツ類、コーヒー豆、カカオ豆などがここに分類される。
どれも濃厚な香味が特徴で、食後に飲むのに適している。

● ナッツ・種子・核系のリキュール

果実や薬草系リキュールに比べ種類は少ないが、個性的なこのタイプのリキュールは、 濃厚な香味が特徴で、食後に飲むのに適している。製菓にもよく使われる。

アマレット

アマレット

ディサローノ・アマレット(Disaronno Amaretto)
アルコール度28度/エキス分26%

あんずの核を主原料に、17種の薬草やフルーツエキスを配合。
現在各社から販売されているアマレットの元祖がこのディサローノ・アマレットである。
アーモンドの芳香がするこのリキュールの起源は、「1525年イタリアのミラノ北部にあるサローノ町で、画家ベルナルディーノ・ルイーニが出会った女性に聖母マリアの姿を重ねて、キリスト生誕のフレスコ画を完成させた。その絵を進呈された女性が、返礼にリキュールを捧げた」という伝説。

フランジェリコ

ヘーゼルナッツリキュール

フランジェリコ(Frangelico)
アルコール度24度/エキス分24%

イタリアの僧侶が300年前に造ったといわれる伝説のリキュールを復元。野生のヘーゼルナッツを主原料に、ベリー類を加えて熟成させている。生クリームと相性が良い。

マリブ

ココナッツリキュール(マリブ、ココモなど)

マリブ(Malibu)
アルコール度21度/エキス分20%

ココナッツ・ヤシの果肉から抽出したエキスを原料に、ラムを使用して作られる。ココナッツの甘い香りを生かしつつ、口当たりはライトに仕上げられている。

カルーア

コーヒーリキュール(カルーア、ティア・マリアなど)

カルーア(Kahlu’a)
アルコール度20度/エキス分45%

メキシコ産アラビカ種のコーヒー豆を原料とし、バニラなどの香りを添加。カルーアはコーヒーリキュールのトップブランド品。

ゴディバ

カカオリキュール(ゴディバ、クレーム・ド・カカオなど)

ゴディバ(Godiva)
アルコール度26度/エキス分45%

ベルギー王室御用達として有名な、チョコレートメーカーのリキュール。クリームやバニラのブレンドが個性的。

ノチェロ
ノチェロ(Nocello)
アルコール度24度/エキス分30%

クルミの実を外皮を含め、丸ごと原料とする。
女の子が生まれると、クルミの木を植える風習のある、イタリアで生産されている。

ページのトップへ