ホームリキュールについて>薬草・香草系リキュール








リキュールの通販 【酒専門店ミツイ】徳島の地酒を始め、各国のワイン、リキュール・スピリッツ 類にも力を注いでいる専門店です。

●薬草・香草系リキュール●

ハーブやスパイスなどを中心とする薬草や香草は、リキュールにとって最も重要な原料で、これがなければリキュールは存在できないと言っても過言ではない。 中世では薬として飲まれていたリキュールは、ほとんどこの系統に属しており、最も歴史あるものといえる。

● ハーブ(薬草・香草)のリキュール

豊富な薬効とスパイシーな香草風味。錬金術から生まれたリキュールの原型。
中世ヨーロッパで錬金術技術の副産物として生まれた蒸留酒。それを蒸留する際に、 薬草や香草類を添加して薬として飲まれていたのがリキュールの始まりだと言われている。

シャルトリューズ
シャルトリューズ(Chartreuse)
アルコール度40度/エキス分33%

薬酒としてのリキュールにおいて最高峰と称えられる。
アンゼリカ、クローブ、コリアンダーをはじめ130種類もの薬草類が原料となっている。フランスのシャルトリューズ修道院で作られ、現在は民間会社に製造は委託されているが、その配合はいまだ修道士によって行われ、門外不出だという。
ヴェールはフランス語で緑。ミントの風味が爽やか。
ジョーヌは黄色で、はちみつの香味に特徴があり、ヴェールより繊細でソフトな口当たり。リキュールの女王と呼ばれる。

リカール
リカール(Ricard)
アルコール度45度/エキス分2%以上

世界中で愛飲されている、リキュールの王様。南仏プロヴァンス生まれのアニス飲料。香料リコリスから生まれる独特の風味がある。

20世紀初頭に発売禁止になったアブサンに似せて作られた、このリカールをはじめとするアニス風味のリキュールは、フランス語で”似せたもの”を意味する「パスティス」と総称される。
水で5倍に薄めて飲むのが一般的だが、カクテルに加えるとスパイシーな味わいがアクセントになる。

サンブーカ
サンブーカ(Sambuca)
アルコール度42度/エキス分36%

イタリア、フィレンツェ南部のサンブーカ村特産の、エルダーの花を主原料にしたリキュール。スパイスやオレンジの花を配合し、アニスのような香りが特徴。
パスティスよりソフトな味わい。

カンパリ
カンパリ(Campari)
アルコール度24度/エキス分19%

程よい苦味と爽やかな甘さが特徴。ビターオレンジの果皮を主原料に、キャラウェイ、コリアンダーなど30種類以上のハーブを用いている。

無色透明のコーディアル・カンパリは、フランボワーズを主原料にしている。

アペロール
アペロール(Aperol)
アルコール度11度/エキス分25.8%

1919年に誕生し、イタリアを中心にヨーロッパで人気を集めているハーブリキュール。ビターオレンジやスイートオレンジ、ハーブを使用し軽やかな甘さとさっぱりとした後味が特長。
"アペロール"というネーミングは、イタリア語で食前酒を意味する「アペリティフ」に由来する。日本では2010年10月にサントリーより発売された、新しいリキュール。

ページのトップへ

ベネディクティンドム

ベネディクティンDOM(Be'ne'dictine DOM)
アルコール度40度/エキス分35%

中世フランスのベネディクト派が造ったリキュールとして、その歴史は最古といわれる。フランス革命で一時途絶えたが、1863年にレシピが発見され、復元された。
27種のハーブが複雑な味わいを作り出し、重みのある甘さが特徴。
D.O.M.は至高至善なる神へ捧ぐという意味の、Deo Optimo Maximoの略で、修道院の祈りの言葉から来ている。

イエーガーマイスター

イエーガーマイスター(Jagermeister)
アルコール度35度/エキス分15.7%

ドイツ語で「ハンターの守護聖人」という意味。
苦みと甘みが絶妙。56種類のハーブにフルーツ、草根木皮をブレンドした豊かなハーブの香りが特徴。

ガリアーノ

ガリアーノ(Galliano)
アルコール度35度/エキス分33%

19世紀末、イタリア・エチオピア戦争でエンダ・ジーザス要塞を勇敢に死守、指揮したイタリア陸軍少佐ガリアーノ。その勇将の名がついたリキュール。
バニラの甘い芳香をベースに、ミント、アニスなど40種のハーブのブレンドが絶妙。ボトルはローマ寺院のコリント式の円柱をヒントにしている。

ストレガ

ストレガ(Strega)
アルコール度40度/エキス分18.9%

サフランの黄色、バニラの甘み、柑橘系の爽やかさにアニスの個性が溶け込む。「太陽の光線」の形容に似つかわしくないその意味は「魔女」。口当たりのよさに隠れたアルコール度の高さからきたものか。

ドランブイ

ドランブイ(Drambuie)
アルコール度40度/エキス分35%

ゲール語で「満足できる飲み物」という意味。英国を代表する王家秘伝の酒。
40種類以上のスコッチ・ウイスキーをブレンドし、ヒースの花から集めた蜂蜜、ハーブを配合している。


ページのトップへ

アイリッシュミスト
アイリッシュ・ミスト(Irish Mist)
アルコール度35度/エキス分21%

アイリッシュ・ウイスキーに蜂蜜、オレンジ果皮、10数種類のハーブエキスをブレンド。
ドランブイのライバル的存在。

サザンカンフォート
サザン・カンフォート(Southern Comfort)
アルコール度38度/エキス分12%

糖蜜を蒸留した中性スピリッツに、桃を中心としたフルーツフレーバーを配合。もとはバーボンに果実風味と甘みを加えたものだった。甘さは控えめ。

パルフェタムール
パルフェ・タムール(Parfait Amour)
アルコール度25度/エキス分28.7%

17世紀に”媚薬”の酒として生まれたリキュール。飲む香水ともいわれる。
ニオイスミレの香りを溶け込ませ、柑橘系の果皮やハーブを
配合。紫、赤、黄などの色彩があったが、19世紀にクレーム・ド・バイオレットとして紫だけになった。

ミント

クレーム・ド・ミント・ホワイト(Cre'me De Menthe)
アルコール度25度/エキス分39.6%

爽やかな清涼感と甘みが特徴。ミントには消化促進の効能がある。
ミントは種類が多いため、製品によって香味は異なる。
緑、透明が一般的だが、青いものもある。

ローズ
キス・オブ・ローズ(Kiss of Rose)
アルコール度21度/エキス分25%

バラの花から抽出したエッセンスを原料にした、ローズリキュール。
高貴な甘い香りが魅惑的。


ページのトップへ