ホームリキュールについて>果実系リキュール








リキュールの通販 【酒専門店ミツイ】徳島の地酒を始め、各国のワイン、リキュール・スピリッツ 類にも力を注いでいる専門店です。

●果実系リキュール●

オレンジやチェリー、カシスなどに代表されるフルーツ系のリキュール。
リキュール本来の薬用効果より、香りや味わいに重点を置いている。

薬草・香草系のリキュールより歴史は浅いものの、生産量や種類は最も多く、カクテルや製菓には欠かせない存在となっている。
また、一本のボトルを製造するには単純にひとつのフルーツだけを用いるのではなく、他の補助材料を加えて味が単調になるのを避けている。

● オレンジ

オレンジのリキュールのことをキュラソーと呼ぶ。
無色のホワイト・キュラソー、琥珀色のオレンジ・キュラソー、 青、赤などに着色されたカラー・キュラソーに分けられる。

コアントロー
ホワイト・キュラソー(コアントロー、トリプルセックなど)
コアントロー(Cointreau)アルコール度40度/エキス分27%

主原料はビター・オレンジとスウィート・オレンジの果皮。
さらにオレンジの花からもエッセンスを抽出し、上品な甘い香りが漂う逸品。 製菓によく用いられる。
グランマニエ
オレンジ・キュラソー(グランマニエ、オレンジキュラソーなど)
グラン・マニエ コルドン・ルージュ
(Grand Marnier Cordon Rouge) 
アルコール度40度/エキス分21%

コニャックとオレンジの風味のバランスが見事なオレンジ・キュラソーの代表格。 「コルドン・ルージュ」は赤いリボンの意味。
ブルーキュラソー
カラー・キュラソー(ブルー、レッド、グリーンなど)
ボルス・ブルーキュラソー(Bols Blue Curacao) 
アルコール度24度

透明のホワイト・キュラソーに色素を加えて造られる。
そのため、色素成分のぶんだけ苦い味わいのものが多い。
マンダリン
マンダリン(マンダリン・ナポレオン、バロン・ヴィクターなど)
マンダリン・ナポレオン(Mandarine Napole'on)
アルコール度38度/エキス分25%

中国原産のマンダリン・オレンジを原料とする、オレンジリキュール。
キュラソーに比べ苦みが少なく重厚な香味を持つため、製菓によく用いられる。

ページのトップへ

● その他の果実

チェリー、ピーチ、アプリコット、カシス、木イチゴ、イチゴ、ブルーベリー、リンゴ、メロン、ライチ、パッションフルーツ、レモン、洋梨、西洋スモモ、バナナ、キウイ、マンゴー、グレープフルーツ、パイナップル、トロピカル・・・
フルーツの数だけリキュールも存在するといわれている。

チェリーヒーリング
チェリーブランデー(チェリー・マニエ、クイーン・チェリーなど)

チェリー・ヒーリング(Cherry Heering)
アルコール度25度/エキス分38%

甘みの強い大粒の生食用チェリーが原料。
ダーク・ガーネットと呼ばれる濃い色をしている。

マラスキーノ
マラスキーノ

マラスキーノ(Maraschino)  アルコール度40度/エキス分21%

イタリア産のマラスカ種チェリーが原料。
じっくりとエッセンスを抽出するため、1本のチェリーの木からはボトル5本分しか出来ない。
同じチェリーが原料の、チェリーブランデーよりも濃厚な味わい。
無色透明。

ペシェ
ピーチ(クレーム・ド・ペシェ、ピーチツリーなど)

クレーム・ド・ペシェ(Cre'me de Peche)
アルコール度15度/エキス分45%

南フランス産のフレッシュな黄桃を原料に作られている。
温暖な気候の中で生まれた、桃の甘い香りと味がそのまま生かされている。

ダブリコ
アプリコット(アプリコットブランデー、ルジェ・アプリコットなど)

クレーム・ダブリコ(Cre'me da Abricot)
アルコール度15度/エキス分40%

上品な香りが特徴。
あんずのリキュールは、一般的にはアプリコット・ブランデーと呼ばれ、
奥深い甘い香りがカクテルなどに活躍する。
アメリカで造られるものは、あんずだけの香味を重視し、ヨーロッパでは
あんず以外の果実やハーブを隠し味に使ったタイプが多い。

カシス
カシス(クレーム・ド・カシス、ダブル・カシスなど)

クレーム・ド・カシス(Cre'me de Cassis)
アルコール度20度/エキス分51%

芳醇な香りのこの逸品は、軽い酸味とまろやかな口当たりが魅力。
”クレーム・ド”がつくリキュールは、1リットル当り250g以上の糖分を含むものだが、カシスに限っては1リットル当り400g以上の糖分を含まなければ表記できない。

フランボワーズ
フランボワーズ(木いちご)

クレーム・ド・フランボワーズ(Cre'me de Framboises)
アルコール度15度/エキス分46%

オーク樽で熟成させた、艶のある色合い。
フランボワーズはフランス語で木いちごのこと。英語ではラズベリー。
ルビーのような赤い色が魅力だが、無色のものもある。

フレーズ
ストロベリー

クレーム・ド・フレーズ(Cre'me de Fraise)
アルコール度15度/エキス分46%

華やかな赤色。いちごの自然な香りと、ほのかな甘みが瑞々しく広がる。 一瓶に約30個の新鮮なディジョン産のいちごを使用。

ミルティーユ
ブルーベリー

クレーム・ド・ミルティーユ(Cre'me da Myrtille)
アルコール度15度/エキス分46%

果実に由来する自然なやわらかい赤色。
上質のブルーベリーだけを厳選し、果実主体のまろやかな風味に仕上がっている。

グリーンアップル
アップル(リキュール・ド・ポム、アプフェル・コルンなど)

ルジェ・グリーンアップル(Lejay GreenApple)
アルコール度15度

すがすがしい黄緑色と爽やかな香りが華やかな青リンゴのリキュール。
グリーンアップルの爽快さを活かした軽い味わい。
もぎたてのフレッシュな香りが口いっぱいに広がる。

ミドリ
メロン

ミドリ(Midori)  アルコール度23度/エキス分21%

鮮やかな緑が美しい、日本生まれのメロンリキュール。
静岡産マスクメロンや、ハニーデューメロンを使用しており、メロンリキュールにありがちな青臭さのない、豊かな味わいに仕上げられている。

ディタ
ライチ(パライソ、ライチ・ドリームなど)

ディタ(Dita)  アルコール度24度/エキス分25%

フランスで東洋をイメージして開発された。
ライチの豊かな香りが持続し、カクテルベースに最適。
DITAは日本以外の国ではSOHO(ソーホー)という商品名。

パッソア
パッションフルーツ(アリーゼ、パッシモなど)

パッソア(Passoa) アルコール度20度/エキス分20%

黄色のパッションフルーツが主原料だが、 リキュール自体はきれいなピンク色。
イエロー・パッションフルーツのフルーティーな酸味が効果的に引き出されている。 ビタミンCが豊富でトロピカルな風味。

レモン
レモン(リモンチェッロ、シトロン・ジェネヴァなど)

さっぱりとした口あたりの、比較的新しいリキュール。
レモン特有の酸っぱさにまろやかな甘さをプラス。

スロージン
スローベリー(西洋すもも)

スロー・ジン(Sloe Gin) アルコール度26度/エキス分21%

スローベリーを破砕した後、長期間浸漬させて造る。

バナナ
バナナ(クレーム・ド・バナーヌなど)

アルコール度25度/エキス分35%

市販されているバナナリキュールには、味わいの違う2つのタイプがある。
ひとつは熟したバナナの濃厚な風味を生かした、黄色がかったもの。
もうひとつは、新鮮なバナナの風味を強調するように、柑橘類やスパイスをプラスした緑色のバナナリキュール。

グレープフルーツ(パンペルムーゼ)

アルコール度24度/エキス分19%

ウォッカにグレープフルーツ果汁、シロップを配合。

トロピカルフルーツ(チャールストン・フォーリーズ)

グァバ、アプリコット、パッションフルーツなど数種類のトロピカルフルーツのエッセンスをミックス。


ページのトップへ